生ハムの選び方

生ハムの選び方で、美味しい生ハムを食べよう!

生ハムの選び方で、美味しい生ハムを食べませんか?
生ハムな、生産国、生産地方の風土、熟成期間、部位、種類、作り手などによって、多くの種類があります。それぞれの生ハムで、味が全く異なるので、自分のお好みの生ハムをぴったりと探し求めるにはちょっと難しいかもしれません。

 

そこで、生ハムの選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

生ハムの選び方、料理や飲み物に合ったものを

生ハムの代表的な生産国は、イタリアとスペインです。そのため、イタリア料理の時やイタリアワインを飲んでいる時には、イタリアの生ハム「プロシュート」を食べるのが合います。一方、スペイン料理やワインの時には、スペイン産の生ハムがとても合うのでおすすめです。
どちらでもないお料理やワインの時ならば、クセの少ないイタリア産生ハムがおすすめかもしれません。力強い味わいの生ハムを欲しているときにはスペイン産の生ハムがおすすめです!

 

生ハムの選び方、それぞれの特徴

 

【プロシュート】
イタリア産の代表的な生ハムです。イタリアのパルマ近郊で作られている生ハムで、世界三大生ハムの1つです。
とても薄くスライスされてるものなので、食感はとても柔らかいのが特徴です。

 

イタリアのプロシュートは、皮付きのままの状態で塩漬けされ、熟成しています。
塩気はありますが、とてもマイルドで口当たりが良いので、どんなお料理にも合います。
一般的には、メロンに巻いたりして食べますが、サラダに入れたりピザのトッピングとしても人気があります。

 

 

>>美味しいプロシュートはこちら<<

 

【ハモン】
スペイン産の生ハムで、ハモンはハムを意味しています。
味の特徴は、ねっとりとした食感とコクのある味わいです。濃厚な旨味と甘みも感じられます。
スペイン産の生ハムは、それ自体にしっかりとした旨味があるので、ワインに生ハムだけで食べたり、チーズとあわせて食べるのもおすすめです。

 

スペインの生ハムは、皮を取って脂の状態で塩漬けして熟成させます。
塩気がマイルドなので、オリーブとの相性もばっちりです。
ハモンには、ハモンセラーノ、ハモンイベリコ、ハモンイベリコベジョータがあり、価格に違いがありますよ。

 

 

>>絶品!ハモンを見てみる<<

 

生ハムの選び方で、どの生ハムが自分のお好みなのか?を知りたい方は、コチラがおすすめですよ!

 

 

>>生ハム食べ比べセットの通販を見る<<